• ホーム
  • 高用量ピルの効果と副作用は?

高用量ピルの効果と副作用は?

薬を飲んでいる女性

ピルには様々な種類のものがあります。
ピルの中でも含まれている成分が多いピルは高用量ピルと呼ばれます。
高用量ピルとは卵胞ホルモン=エストロゲンの含有量が50?より多いピルのことを言います。
主に女性の生理痛がひどい場合や、生理周期のコントロール、無月経や月経困難症の治療のために用いられるピルです。
高用量ピルの他にも、ピルには中用量ピルや低用量ピルがあります。
一方、低用量ピルは卵胞ホルモン=エストロゲンの含有量が50?より少ないピルのことを言います。
このように、含まれている有効成分の含有量によってピルの種類は区別することができます。

高用量ピルの中でも代表的なものがソフィアCです。
ソフィアCには卵胞ホルモンであるメストラノールと黄体ホルモンであるノルエチステロンが含まれています。
ソフィアCは黄体ホルモンの活性が強いことが特徴で、機能性子宮出血・月経量異常・月経周期異常・無月経症・月経困難症などの治療に活用されています。
この他にも、ソフィアCは月経トラブルを改善したり、生理日を調整する効果があります。

高用量ピルにも、排卵を抑制する効果があることから、正しい飲み方をすれば結果として避妊効果を得ることができます。
ただし、低用量ピルと比較するとソフィアCのような高用量ピルは含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンが多いことから、身体のホルモンバランスに働きかける作用も強くなりがちです。
その分安定した効果を得ることができますが、一般に、低用量ピルよりも副作用が強く出る可能性があるため注意が必要です。
そのため、高用量ピルを服用する場合には正しい飲み方でピルを服用することを心がけることが大切です。
用法用量を必ず守らなければなりません。
また、高齢の方や喫煙の習慣がある場合、血栓症のリスクなども存在するため、高用量ピルを服用する場合には十分注意する必要があります。
きちんと高用量ピルの服用に伴う副作用を認識しておくことが大切です。

高用量ピルの飲み方と副作用

高用量ピルの飲み方と副作用について説明します。
高用量ピルであっても、他のピルと同様に同じ時間に同じ量の薬を定期的に飲み続けるということに変わりはありません。
ピルを飲む際には薬の効果を余計に高めたり弱めたりするようなものと一緒に服用したりせず、水か白湯で服用するようにすることが大切です。
飲み方を間違えると副作用が強く出たり、思わぬ症状が出る可能性があるため、高用量ピルを服用する場合には、用法用量を守って正しく服用することが大切です。
特に、高用量ピルは低用量ピルと違い、有効成分として含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモン量が多いため、副作用についてきちんと理解した上で服用を開始することが大切です。
日本では、低用量ピルとは異なり、高用量ピルは主に治療目的で処方されることが多い薬です。
その分高い効果を期待することができますが、医師や薬剤師の注意をよく聞き、正しく服用し続ける必要があります。

ソフィアCのような高用量を服用すると、副作用として太る場合があります。
ピルを服用することによって太る原因は、身体の中にピルの作用でナトリウムや体液を溜め込んでしまうからです。
その結果、むくみや体重増加を引き起こす場合があります。
また、高用量ピルを服用すると、男性化作用(アンドロゲン作用)という症状が副作用としてあらわれることがあります。
男性化作用によって食欲が増進されることになるので、その結果として体重が増加し太ることも考えられます。
特に肝機能障害がある場合、ピルを服用することによって太る可能性が高いと考えられるため注意が必要です。

さらに、高用量ピルの重大な副作用として挙げられるのは血栓症のリスクです。
血栓症とは血管の中で血液が固まってしまい血栓となってしまうことを言います。
高用量ピルを服用するとこの血栓ができる可能性が高くなってしまうことから、飛行機などに搭乗する際には使用を中止した方が良いでしょう。
どのような場合でも、用法用量を守り、不安があれば医師や薬剤師に相談するようにすることが大切です。

アーカイブ
人気記事一覧