• ホーム
  • 生理痛には鎮痛剤が効くのか

生理痛には鎮痛剤が効くのか

生理期間は女性にとって、ため息をつきたくなるような日々です。
辛い腹痛や腰痛、頭痛、痛みは人それぞれですが、毎月訪れる生理痛は女性たちにとって閉経までつきあわなければならない辛い痛みです。

そんな生理痛に苦しむ女性にとって、救世主となるのが鎮痛剤です。
鎮痛剤には様々な種類がありますが、ボルタレンは市販されている鎮痛剤のひとつです。
医療用成分ジクロフェナクナトリウムを配合しており、生理痛にも効果があるとされています。

しかし、鎮痛剤には胃があれやすくなるという副作用があります。
鎮痛剤を飲んだときに気分が悪くなる人はあらかじめ胃薬と一緒に服用することが推奨されています。
どうしても鎮痛剤を飲むと胃が荒れて、気分がすぐれなくなる人にはセレコックスの服用をお勧めします。
セレコックスはセレコキシブを主成分としています。
ボルタレンやロキソニンなど非ステロイド性抗炎症薬が胃を荒らしやすいという副作用をもっているため、それを改善するために新しく開発された鎮痛剤がセレコックスです。

ボルタレンやロキソニンが市販されているのに対して、セレコックスはその新しさゆえにまだ市販されていないのが現状です。
そのため、日本国内でセレコックスを服用をしたい時には医師の処方を受けなければなりません。
しかし、セレコックスを処方してもらうために病院に行っても、病院や医師によっては処方してくれない場合もあります。

それでもセレコックスを試してみたい場合は、通販や個人輸入を通じて手に入れることも可能です。
セレコックスを個人輸入業者を通して輸入する場合には、海外で流通しているジェネリック医薬品を購入することも可能なため、国内で処方される薬よりも安価で購入できる場合もあります。

ただし、海外ではセレコックスの長期投与における副作用として心筋梗塞のリスクが高まることが報告されています。
痛みが続くからといって、長期間の服用は避けなければなりません。

市販薬と処方薬の違いは?

日常生活や仕事に支障をきたす時の生理痛は薬の服用が一番の改善方法ですが、鎮痛剤の入手方法にはドラッグストアや薬局で購入する方法と医師による処方があります。
医師からの処方には、ボルタレンやロキソニンを処方するのが一般的ですが、市販薬との違いは作用の強さです。
医師は判断した薬は効き目の強さが高い故に副作用のリスクが付きますが、市販薬の場合は処方薬に比べて効き目と副作用が穏やかなため、自己判断で購入し服用することができます。
だからといって効き目がないわけではありませんので、自分の体にあった鎮痛剤を服用するのが良いでしょう。
市販薬の利用が心配な方は薬剤師や販売登録者への相談や説明を受けることもできます。

市販薬のボルタレンやロキソニンで効果が薄い方は医師と相談して処方薬を服用するのが良く、体質や体の負担を考慮して処方してくれます。
また、副作用にもしっかり対応してくれ、胃を荒らさないために併用して飲める胃薬も一緒に処方してくれるため胃が弱い方も安心です。
生理痛には頭痛や腰痛、腹痛、下痢、倦怠感など様々ですが、症状にあわせて処方してくれるのが処方薬の強みです。

市販薬で生理痛に対応する鎮痛剤の成分はボルタレンやロキソニン以外にも、イブプロフェンやアセトアミノフェンがあるので、病院やクリニックに行くのが面倒な方には市販薬を試してみましょう。
市販薬は近くの薬局やドラッグストアで手軽に購入できますが、現在では通販で購入することもできます。
強い効き目を市販薬で望むのは大変難しいのですが、その場合は個人輸入業者を通してセレコックスを購入する方法も得策です。
医師が処方する薬の強さと全く一緒な点は大きなメリットで、使用するときの注意点をしっかり守ることで安全性も高くなり、気になる生理痛をしっかり和らげてくれます。