• ホーム
  • 生理不順の症状と改善方法

生理不順の症状と改善方法

生理不順の症状は、生理期間が長かったり短かったりする期間の問題、生理周期がバラバラだったり長かったり短かったりする周期の問題、出血量が多かったり少なかったりする量の問題などさまざまなタイプに分かれますので、どれか1つでも当てはまる女性はとても多く、生理不順に悩まされている人は多いです。
一般的な生理周期は、28日から35日前後ですが、39日以上あくと稀発月経と呼ばれます。
排卵があれば妊娠、出産は可能ですが無排卵周期になっている場合もあります。
無排卵では妊娠することができません。
生理周期が24日以下は頻発月経と呼ばれ、妊娠しにくく流産する場合もあります。
そのまま生理不順を放置しておくと卵巣や子宮にトラブルが起こったり不妊の原因に繋がります。
早めに婦人科を受診することをおすすめします。

生理不順の症状のタイプはさまざまですが、その多くは女性ホルモンの分泌のバランスが悪いため起こります。
痩せたいという思いからダイエットを始めバランスの良い食事を取らずにミネラルやビタミンや鉄分不足になってしまうような過度なダイエットや仕事や人間関係からのストレスが原因でホルモンのバランスが崩れてしまいます。
強いストレスを一時的に感じただけでも周期が変わってしまうのです。
運動不足から血行が悪くなって生理不順になることもあります。
ちょっとしたことが原因でなってしまうので自分の体のことを大切に生活の見直しが必要なのです。

生理不順の症状はさまざまですが、女性に生まれてきたのだから好きな人と結婚して妊娠して出産したいと願う女性は多いことでしょう。
自分はまだ若いから考えてもしょうがないとか気にしないとか思わずに今回のような症状があるようでしたら、基礎体温を測って自分の排卵があるかどうか調べて見たり、婦人科を受診することをお勧めします。
早めの行動によって自分の体を守り、自分の将来に役立つことが必ずあることでしょう。

生理不順の改善方法

生理不順の改善方法は、たくさんあります。
ピルは避妊目的で使われるイメージが強いですが、体内の女性ホルモン量をコントロールしてくれる働きがあるので生理不順を整えたり、生理周期を整える効果があります。
種類によっては、思春期の頃から使えるものもありますので、その頃から生理不順に悩んでいる場合は、早めに婦人科を受診してみましょう。
ピルは、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、生理前症候群の改善にも使用されます。
生理前のイライラや頭痛や腹痛などの精神的あるいは身体的な症状にも効果的で、イライラ解消としても役立ちます。

生理不順の改善は薬に頼ることも大切ですが、まずは自分の生活の見直しが大切です。
最近は、過度なダイエットをしている人が多く1日三食バランス良く食事をとることをしていないです。
食事療法として体を冷やす食べ物をなるべく避け、鉄分やミネラルやビタミンなど体に不足しがちな栄養を摂るようにするなど食生活の改善をしてみましょう。
食事療法をすれば体も心も健康になること間違いなしです。
適度な運動をして血行を良くしたり、毎日正しいリズムで深い眠りを取ることも重要です。
食事、運動、睡眠など当たり前のような事かもしれませんがそれがなかなか出来ていない人が多いです。
基本的なことからしっかり見直しして自分の体を大切にしましょう。

生理不順の原因は、ストレスも多いです。
ストレスやイライラ解消にヨガで深呼吸しながら体を動かしたりアロマテラピーをして心を落ち着かせリラックスするのも効果的です。
生理不順の改善方法はたくさんありますが、自分に合った方法で自分で始められそうな種類を探して早く改善していきましょう。