• ホーム
  • マーベロンは病院での処方か通販かどっちがいい?

マーベロンは病院での処方か通販かどっちがいい?

マーベロンはMSD「メルク・アンド・カンパニー」という、海外の製薬会社が製造している経口避妊薬です。
ホルモン製剤の含有量をできるだけ抑えた、低用量ピルとなっています。
避妊の効果だけでなく生理周期のコントロールや、大人ニキビの治療など、様々な目的でマーベロンは活用されています。

国内で医薬品を手に入れるという場合、病院を受診し医師から処方してもらう方法と、インターネット通販で海外か取り寄せるという2つ選択肢がありますが、マーベロンの場合はどちらを選択するのが良いのでしょうか。
どちらを選ぶのがベストなのかを判断するには、両方のメリット・デメリットを知っておく必要があります。

まず病院で処方してもらうという方法の場合、医師や薬剤師から正しい服用法を教えてもらったり、もし副作用が出てしまった場合でも、すぐに対処してもらえるという点がメリットです。
マーベロンは低用量ピルなので、比較的副作用は出にくいと言われていますが、もし身体に合わなかった場合は医師が他の低用量ピルに変更するなどの対策を行ってくれます。

安心・安全性を求めるのであれば病院処方の方が良いでしょう。
ただ、診察料などの負担がかかる・病院に行くまでの交通費がかさんでしまうというデメリットもあります。
一方、インターネット通販を選んだ場合に得られるメリットとしては、やはり価格が安いという点が挙げられます。
受診料や処方料などがかからないインターネット通販なら、病院で処方してもらうよりも、かなりリーズナブルな価格でマーベロンを購入する事が可能です。

ただインターネット通販では偽物の医薬品も数多く出回っています。
本当に信頼できる業者を選ばないと、偽物のマーベロンを掴まされてしまうケースもあるようです。
かりに本物のマーベロンだったとしても、もし副作用が現れた場合には自己責任となるデメリットがあります。
このようなメリット・デメリットを把握して、自分に合った方法を選ぶのが良いでしょう。

マーベロンを通販で購入する前に気を付けること

マーベロンを通販で購入する時には、個人輸入代行をしているサイトをインターネットで探さなければなりません。
病院で診察を受けてから処方されるのとは違い、通販で購入する場合は低価格で入手できる替わりに、偽物を入手してしまうという場合もあるので注意が必要です。
通販で購入する時のメリットやデメリットを把握してから、信頼のできるサイトで購入する様にしましょう。

低用量ピルであるマーベロンのデメリットは、服用すると頭痛や嘔吐や腹痛、発疹、疲れやすいといった症状の副作用がまれに起こることです。
さらに副作用として食欲が増えるといった報告もあります。
マーベロンを飲み始めると、最初の数か月間はホルモンの変化があるので、少量の不正出血があります。

マーベロンは月経のある女性なら誰でも服用できます。
ただ、高血圧や心臓病、肝臓病、心筋梗塞、糖尿病、乳がん、子宮がんを患っている方や、ヘビースモーカー、妊娠中や授乳中の方などは服用できません。

マーベロンのメリットは、低用量ピルの特徴である避妊をすること以外にも、月経痛を軽くしたり、月経周期を整える、経血の量を減らすといった効果があることです。
旅行に出かけるのでどうしても生理日をずらしたい時などにはとても便利です。

マーベロンは海外のMSD株式会社が製造しているので、信頼出来る個人輸入代行サイトから購入することをお勧めします。
日本語で対応していることや、クレジットカード決済ができること、口コミや購入者の評判が良いことなどを必ず確認しましょう。
他にも多くの海外の薬品を販売していたり、返品やキャンセルなどに応じているかという事も大切です。
会社の住所がはっきり明記してあり、メールやチャットでの問い合わせにも丁寧に対応している会社なら安心です。

人気記事一覧