• ホーム
  • トリキュラーは生理日を移動させることもできるの?

トリキュラーは生理日を移動させることもできるの?

笑顔の女性

トリキュラーは低用量ピルの一種で避妊を目的として服用される薬ですが、生理日を移動させることもできるため便利です。
生理日が旅行や結婚式などの大切な予定に重なってしまうと、体調が悪くなって楽しめないのではないかという心配があります。
また、大事な試験などを控えている人も、生理日が重なると自分の能力を充分に発揮できないかもしれないという不安があるのではないでしょうか。

トリキュラーの飲み方を工夫すると生理日を遅らせることや早めることが可能になります。
そこで、上手に使えば生理日を移動させて大切な予定がある日からずらすという効果が得られるので、これから旅行などのイベントがある人は利用してみてはいかがでしょうか。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、低用量ピルを飲むことに慣れていない初心者には28錠タイプがおすすめです。
28錠タイプは有効成分の入っている21錠と、有効成分が入っていないプラセボの7錠から構成されており、シートに入っている順番通りに毎日薬を飲んでいけば避妊効果が期待できるのでわかりやすいというメリットがあります。
それに対して21錠タイプのトリキュラーでは、錠剤を21日間服用した後に7日間薬を服用しない期間を設け、また次の21錠を飲むという手順になるため、自分で薬の服用をきちんと管理する必要があるのが特徴になります。

これから生理日の移動を目的としてトリキュラーを飲みたいなら、まずは最寄のレディースクリニックで相談してみましょう。
その時に気をつけたいこととしては、なるべく早めに受診するということです。
トリキュラーは飲み方を工夫することによって生理日の移動が可能になるので、どのように飲めば期待する効果が得られるのかを医師と相談し、その通りに実行する必要があります。
特に低用量ピルを飲んだことがない初心者は、確実に生理日を移動させたいと思う場合、早めに相談に行ってトリキュラーを処方してもらい、飲むことに慣れるのが良いでしょう。

トリキュラーで生理日を早める・遅くする方法

トリキュラーには2種類の女性ホルモンが含まれています。
女性ホルモンを薬で補充すると身体が妊娠したと判断します。
妊娠中は新たな妊娠が生じないよう卵子の発育が止まり排卵が起こらなくなります。
トリキュラーはこのメカニズムを利用した避妊効果を発揮しています。

卵子の発育がないと女性ホルモンは分泌されなくなります。
この為トリキュラーを飲むとそこに含まれる女性ホルモンによってホルモンバランスが影響を受けます。
女性ホルモンには生理周期を起こす働きがあります。
トリキュラーを飲むと実薬を21錠飲んだ後に無排卵月経と呼ばれる生理が来ます。
実薬を飲み終えた2~3日後に2~3日の生理が来ますので飲み方を調節すれば遅らせることや早める事が出来ます。
トリキュラーによって生理日が安定するまでには2~3周期かかる場合があります。
また初心者は薬に吐き気や頭痛などの副作用が起こりやすい事がわかっています。

この為、生理をずらしたい日の2~3周期前からトリキュラーを飲み始める事でイベントなどを快適に過ごすことが出来ます。
最近では女性アスリートもオリンピックなどの大切な大会に合わせて低用量ピルを利用しています。
低用量ピルには生理を軽くするメリットもあります。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンの量は体内から分泌されるホルモン量よりも少なくなっています。
特にトリキュラーは他の低用量ピルよりもホルモン量が少なく、月経周期を安定させる効果が高いと言われています。
女性ホルモンの量が多すぎるとおりものが多くなり生理痛も強くなります。
低用量ピルを飲むと同じ周期で軽い生理が来るようになります。
トリキュラーを飲むと生理日を変えるだけでなく、そのわずらわしさも軽快することが出来ます。
余談ですがピルは錠剤なので、服用が苦手…という方もいると思います。
そんな方はピルカッターを使って錠剤を小さくして服用するのが便利です。
ピルカッターの使い方はこちらで紹介していますので、必要な方は確認してみましょう。

人気記事一覧