• ホーム
  • アフターピル(アイピル)の驚くべき効果とは?

アフターピル(アイピル)の驚くべき効果とは?

アフターピルとは、望まない妊娠を避けることを目的として避妊に失敗した際に服用する薬です。
性行為後にコンドームが破れてしまっていることに気づいたりした場合など、望まない妊娠を避けるために服用します。
性行為のときにコンドームを使用しなかったり、コンドームが破れたり・途中で外れた場合などに妊娠を回避するために服用することが多いです。
あくまでも緊急避妊薬であることから、常用するものではありません。

代表的なアフターピルとして世界中で利用されているのはノルレボとアイピルというアフターピルです。
ただし、ノルレボやアイピルのようなアフターピルを服用したとしても確実に100%避妊に成功するというわけではないことをきちんと理解しておく必要があります。

ノルレボやアイピルのようなアフターピルは性行為を行って避妊に失敗してから72時間以内に服用することによって効果を発揮します。
一般に72時間以内に服用しないと避妊に成功する可能性が低くなってしまうことから注意が必要です。
アフターピルは中絶薬ではないことから、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。
アフターピルに含まれている女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)が排卵を抑制し、子宮内膜に受精卵が着床することを阻害する効果があります。
定期的に服用することを前提とした低用量ピルとは異なり、緊急避妊薬であるアフターピルは自然に備わっているホルモンバランスに強く働きかける効果があります。

そのため、副作用として嘔吐感・頭痛・めまいなどの症状があらわれることがあります。
アフターピルを服用してから2時間以内に嘔吐してしまうと、避妊を可能とするための有効成分が十分に身体の中に吸収されない可能性があります。
その場合、再度アフターピルを服用しなければならない場合もあります。
そのような場合には医師や薬剤師などに相談するようにし、用法用量を守り、正しく服用することが大切です。

アフターピルの副作用と購入方法

ノルレボやアイピルのようなアフターピルは緊急避妊薬であるため、身体のホルモンバランスを急激に変化させます。
特に、アフターピルに含まれているエストロゲンという成分の量が多いと副作用が出やすくなるので注意が必要です。
身体にかかる負担やリスクについてもきちんと理解しておかなければなりません。

アフターピルの副作用として最も多いのは嘔吐です。
嘔吐してしまった場合、身体の中に避妊のために有効となる成分が十分に吸収されていない可能性もあるため注意が必要です。
嘔吐の不安がある場合には、市販されている吐き気止めなどを服用することによって嘔吐感を軽減することができる場合があります。
嘔吐感の他にも、頭痛やめまいなどの症状があらわれることもあります。

アイピルやノルレボのようなアフターピルは性行為後に服用する緊急避妊薬で、避妊に失敗した後できるだけ早く服用した方が避妊の成功率が高くなります。
ノルレボは通信販売で購入することもできますし、病院で処方してもらうこともできます。
他方、ノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルは、通信販売や個人輸入によって購入することができます。
病院で処方して貰う場合、性行為後に病院にいかなければならず、処方してもらえるのは一回分です。

そのため、万が一に備えて常備しておくという利用の仕方ができません。
しかし、通信販売や個人輸入では事前に購入しておいて万が一に備えて常備しておくことができます。
アフターピルは普段頻繁に使うことはない薬ですが、万が一、避妊に失敗してしまった場合の最後の拠り所となる薬です。
そのような場合に備えて常備しておけば、避妊に失敗してしまった場合でも避妊に成功する可能性を著しく高めることができます。

人気記事一覧